錠剤型栄養補助食品の添加物

かならず栄養補助食品を製造する時には、添加物がなくてはなりませんが、錠剤型についても同様だといえるのでしょうか。
錠剤型の栄養補助食品では、賦形剤、滑剤、コーティング剤の3種類の添加物が使われています。粉末の材料に粘りを出したり、体積を増すために使うのが賦形剤で、栄養補助食品を形にするのに不可欠な添加物です。
鋳型に栄養補助食品の成分がくっつかないようにするための添加物が、滑剤といわれるものです。
湿気や酸化から錠剤を防御する働きがあるのが、コーティング剤です。毒性試験などをクリアして、安全性の確認されている添加物だけが、栄養補助食品に利用されているといいます。
使用される添加物の量で良いとされているのが、栄養補助食品自体の10%程度あることだといいます。実際は必要以上に使われていることが多いようです。
製造側のこだわりが栄養補助食品の利用に見えるかどうかをよく調べておいたほうが良いでしょう。推測できることがあるのが、添加物の選び方による製品に対するこだわりです。
まったく意味がないのが、カロリー摂取をカットした人が摂取する栄養補助食品の添加物に、カロリーの高いものを使用している場合です。
どんな添加物がその錠剤なりカプセル剤なりに使われているかを、栄養補助食品を買うときはラベルをチェックして確かめておくようにしましょう。