日本人に不足しがちな栄養素

栄養不足と聞いて、豊かな生活をしている私たち日本人のことと思えますか。実際、私たちは、美味しい食事を摂っていると思いがちですが、栄養的に見ると、意外にも不足しがちだと言われています。日本人の現在の食卓では、炭水化物や脂肪分は足りているのに、ミネラル不足や、ビタミン不足が珍しくないと言われています。
もともと、伝統的な日本食であればビタミンやミネラルは確保できるものの、高カロリーの欧米食にシフトしつつあることが原因です。同じ野菜から取り入れることができる栄養の量が、大幅にダウンしています。1980年のにんじんは、1950年のにんじんと比べると、ビタミンAの量が三分の一以下になっていたといいます。
今では、食材の栄養が、さらに減っていると言われています。緑黄色野菜をたくさん摂取しても、十分な栄養素を摂取することができないのです。野菜の栄養価が下がっているのは、日本の土地が痩せてきているからです。土壌に含まれるビタミンやミネラルは、土から栄養素を吸い上げています。
野菜の栄養不足は、大もとになっている土の栄養不足にほかならないわけです。食卓に工業的に加工された食品が多く出るようになったことも、ビタミン不足やミネラル不足の一因です。
それほど加工食品を利用していないという人もいますが、精製された白米を日常的に食べていることも、加工といえるでしょう。栄養素の中には、茹でたり、焼いたりすると壊れるものもあります。サプリメントを使って、食事のみでは不足しやすい栄養素をおぎなうことは、現代人にとっては重要な役割を果たしていると言えるでしょう。