子どもに不足しがちな栄養素

最近子供の栄養が不足になりがちな理由は、食生活や、生活習慣の変化だと言えます。では、実際の所、子どもに不足しがちな栄養素とはどのようなものなのでしょうか。子供が必要としているけれど不足している栄養素は、鉄とカルシウムです。
人間の骨や歯をつくるためにはカルシウムは必須の栄養成分であり、鉄分は血液をつくるために重要な成分です。カルシウムを体内におぎなうためには、大豆、牛乳、大豆などが役立つといいます。豆、卵、肉が鉄を摂取しやすい食品群だと言われています。
何をすることで、子供が栄養に不足しない状態をつくれるでしょうか。まずは、食事は1日3回きちんと食べさせることです。今は共働きの家庭も多く、加工食品や外食などに頼りがちですが、工夫して子どもの栄養不足を改善する努力をしましょう。
加工食品の中にも優れたものは存在します。上手に良いものを選び活用することで、時間短縮にもなりますのでおすすめです。おやつを食べることで、栄養不足をおぎなう子供もいます。果物や、蒸した芋、ミニおにぎりをおやつに出すことで、栄養を補給してもらうという方法もあります。
食事バランスガイドを参照して、栄養の偏りがないかをチェックしてみてください。成長するに従って、子供は、年相応の食事を必要とするようになりますので、発達に合わせた食事を出していきたいものです。栄養が不足して、子供の健やかな発達に支障を来すということがないようにしましょう。